名古屋スイーツ食べ歩き中心のぐだぐだ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-----------------Sponsored Link-----------------

伝統こそ新しい

今回はケーキではなく本の紹介です。


「伝統こそ新しい –オーボンヴュータンのパティシエ魂-」
著者  河田勝彦
発行所 朝日新聞出版
2009年11月30日 第1刷発行
価格  1680円

book1-1
book1-2




フランス菓子好きなら知らない人はいないであろう、オーボンヴュータン河田シェフの本です。
内容をざっくりと説明すると、河田シェフの修業時代からのことを11のお菓子と絡めて書かれている自伝です。その11のお菓子ごとに章が分けられており、各章の終わりにはレシピも載っています。

とりあえずこの本を読んだらオーボンヴュータンにめちゃくちゃ行きたくなります(笑)僕は一度だけオーボンヴュータンのお菓子をいただいたことがありますが、どの品もとてもおいしいお菓子でした。オーボンヴュータンに行かれたことのある方も、この本を読んでから食べると、また違った視点からお菓子を楽しむことができると思います。
帯にも書いてありますが、本の中には河田シェフのお菓子への考え、パティシエへのメッセージがいたるところに書かれており、それも「なるほどなー」と思えるようなことばかりです。とても読み応えのある本だと思います。
数行ではありますが、福岡のジャックの大塚シェフのことも書かれています。

お菓子が好きならば一度は読んでいい本です。いい加減なお店の方には特に読んでもらいたい本です(笑)
300ページほどですし、難しい内容の本では決してないので、さらっと読めると思います。わずかですが、名古屋ならタカシマヤのモンガトーでオーボンヴュータンの焼き菓子が買えるので(本にも書かれているコンフィズリーも売っています)、この本を読みながらオーボンヴュータンの焼き菓子を味わうのもいいかもしれませんね^^
関連記事
-----------------Sponsored Link-----------------
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
Sponsored Link
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
Sponsored Link
Twitter
プロフィール

Dogg暇ster

Author:Dogg暇ster
リアルタイムはtwitterで。
(※暴言が多いです(笑))
twitter : http://twitter.com/dogghimaster
フォローなどお気軽にどうぞ^^

リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。