名古屋スイーツ食べ歩き中心のぐだぐだ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-----------------Sponsored Link-----------------

自作菓子

生ケーキも含めてちょくちょく自分で作ってます(^^)
それはTwitterに載せてあるとして、最近作ったものを。

ケークオシトロン


普段は生ケーキも焼き菓子もイルプルレシピをベースに作ってますが、今回はピエールエルメのレシピをベースに作りました。
参考にさせていただいたレシピ

粉はメルベイユで。粉の香りはもう一息欲しいですが(といってもその辺よくある粉よりは全然良いかなと思ってます)、粉の挽きが粗いのと、意外と安価なので普段はこれを使ってます。
ピエールエルメのレシピですが、日本で手に入る素材でそのままでやっても美味くならないのは世のケーキ屋が証明してくれているので(笑)、さすがに自分なりに補正はしました。
まあ補正と言っても、コンパウンドレモン、レモンオイル、バニラエッセンスを使ったのとポンシュにホワイトラムを入れたくらいです( ̄▽ ̄;)
というわけで作り方はいつもよりはるかに雑です(笑)本当はあるはずの仕上げのナパージュも省略したし(笑)



で、肝心の味はというと。
自画自賛は正直抵抗あるのですが、ちゃんと美味しくできました。というか日本で食べられるレモンパウンドとしてはなかなかいけてます。
補正もほぼほぼ狙った通りの結果に。

これ自分で作って食べて思ったんだけど、本当ケーキ屋って何やってんだろうね(笑)特に「フランス菓子」を謳ってるお店。
本物のフランス菓子に憧れてお菓子を始めた素人でも正直美味しいと思えるレベルのお菓子を作れるというのに、プロ(笑)の方々はフランス菓子の味を知らないのかな?
特にフランスで修業!などとほざいているパティシエの服着たコスプレイヤー共はフランスで一体何を学んだのか。少なくとも真面目に、貪欲に美味いものを吸収して自分で消化しようと努力していればこんな「フランス菓子屋がほとんどない」という状況にはなっていないはず。
貴重な素材をクソ不味いお菓子型のゴミにしてそれを自信満々でお店に並べてるなんて反吐が出ます。恥を知れ。
こんなことを言うと「趣味で作るのと経営で作るのは違う」とか言われそうですが、このお菓子に関してはそんなにコストかかってないですし、妥協するにしても限度があることを頭に入れておいてください。日本でフランス菓子を作っているイルプルやパリ空を見て物を言え。
とりあえずフランス菓子作りたいなら、フランスに自ら行って本物のフランス菓子を真剣に(ここが重要)ひたすら食べるのが良いんじゃないかなと思います。フランス菓子作りに対する精神性はイルプル弓田氏が本にまとめていますし、フランスでの形だけの修業は重要じゃないかと。そうすれば他の自称フランス菓子屋とは一線を画すイルプルやパリ空のお菓子の意味が少しは分かるのだと思います。

というわけで自分を褒めすぎた感のある非常に気持ち悪い記事になってしまいましたが、まあしょうがない(笑)
スポンサーサイト
-----------------Sponsored Link-----------------
Sponsored Link
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
Sponsored Link
Twitter
プロフィール

Dogg暇ster

Author:Dogg暇ster
リアルタイムはtwitterで。
(※暴言が多いです(笑))
twitter : http://twitter.com/dogghimaster
フォローなどお気軽にどうぞ^^

リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。